人工耳介

みみ太郎が、“聞こえる”お手伝いをします!

パーティーなど、たくさんの人がおしゃべりをしている場所で、自分の話し相手の声だけを聞くことができるのはなぜでしょうか?

このような現象を「カクテルパーティー効果」といいますが、これは私たちの脳が、聞こえてきた音に対してとても複雑な処理を無意識に行い、様々な音を認識しているから起こることなのです。

耳から入ってきた音は、まず鼓膜を刺激し、耳にある骨や神経などのさまざまな器官を通って、やがて脳に伝わります。

音は空気の振動によって伝わりますので、脳に届いた時点では、自分の話し相手の声も、周りの人の話し声も、雑音も、すべて聞こえているはずです。

ですが人間の脳はよくできていて、聞こえてきた様々な音の強弱や音質の違いを聞き分け、不必要な音の情報をカットし、必要な音だけを認識することができるのです。

このような“聞きたい音だけを聞く”ための処理を、私たちは無意識に行っていますが、難聴などにより音が聞こえにくい状態が続くと、音を処理する機能が鈍ってしまい、どんどん聞こえにくくなってしまうのです。

補聴器などで拡大した音には、生の音の複雑さが無く、そのような音ばかりを聞き続けることによって、本来の「聞く力」が失われてしまうとも言われています。

ですから、できるだけ自然な音をたくさん聞いて、耳の力を引き出すことが大切なのです。

人工耳介を搭載した「みみ太郎」なら、自然に近い音を聞くことができ、“聞く力”を育てるお手伝いができることでしょう。